野球に関して適当に語っていくブログ


by uni2_2

オープン戦 SB5-3G

オープン戦とはいえ2015年7月21日以来の一軍登板。
表情とかにそれほど緊張感とかは感じられなかったけど。
変化球のキレはいい感じだったけどやっぱりストレートの球威がもう一つ戻ってこれてない。
2月28日のシート打撃みたいにストレートが高めに抜けてそこを打たれるということは無かったのはまだよかった点かな。

3.2回65球4安打2三振1死球1四球3失点

2回に江川にスライダーを2ラン打たれたのと4回に同じく江川にタイムリー打たれて長谷川歩かせたところで降板。
4回は江川より前の打者の中村に対して少し力んで投げて抜けた球が当たったのがダメだったけど、少し息切れ感のあったイニングだった。
元々が4回60球程度という予定でいたのでこれでもよく投げた方だと思う。
連打になったのはばてた感のある4回だけでホームラン打たれたのは江川がうまく打ったとも言えるコースだった。
解説してた柴原はもう少しあれを低く投げたい、とのコメントだったけど。
課題になるのはスタミナとストレート。

2015年の10月に手術して約2ヶ月ほとんど歩けないような状態で、歩けるようになって1年3ヶ月。
それでここまで投げられるようになったっていうのは凄い事だと思うよ。
その間の杉内の努力とサポートしてくれた人に感謝したい。
オープン戦で一軍の打者と対戦できて、課題がたくさん見つかったと思う。でもその課題を乗り越えられることを祈ってる。
[PR]
# by uni2_2 | 2017-03-16 21:07 | 杉内

杉内の今年一年

去年10月に受けた股関節手術の影響で今年はプロ入り初めて一軍登板なしの年に。
それでも術後の回復経過は本当にスムーズにいけてたと思う。
報知の記事からのコピーだけど。

◇杉内の手術後の経過

 ▽15年10月 右股関節手術

 ▽16年2月18日 宮崎キャンプで6~7割の軽快走

 ▽4月中旬 約10メートルのダッシュ

 ▽5月27日 約20メートルの平地で、捕手を座らせ投球

 ▽6月15日 ブルペンで捕手を座らせ投球

 ▽7月2日 シート打撃登板

 ▽同19日 3軍のBC武蔵戦(G球場)で実戦復帰

 ▽同30日 イースタン・ロッテ戦(G球場)で2軍戦登板

 ▽8月26日 イースタン・西武戦(G球場)で4回6失点。以降、下半身強化の目的で再び実戦を離れる

 ▽9月18日 ブルペン投球再開

 ▽10月24日 フェニックスリーグ・四国IL選抜戦(ひむか)で約2か月ぶり実戦登板

 ▽11月13日 宮崎秋季キャンプ4度目のブルペン入り。新球シュートや縦のスライダーも試す

3軍戦とはいえ7月中に実戦復帰して8月の登板を最後に実戦からは離れたけど、痛みがあったとかではなくて1年以上できていなかった下半身の強化のためっていう来年への準備を始められたのは凄く意味の有る事。
秋季キャンプで球団側が杉内の投げるブルペンに柔らかい土を入れてくれたり、秋季リーグ最終戦でも投げられて状態良かったらしいので嬉しい。
こういう配慮をしてくれているっていうことが、球団から杉内が移籍した4年間の働きに対する評価だと思ってる。
球団側は出来るサポートはしてくれたと思うよ。
これで来年、復活できるかどうかは杉内次第。
2日に契約更改で今年と同じ年俸5千万で更改。
出来高とかもそのままなのかは書いてなかったと思うのでわからないけど。
オフには森福が杉内追いかけて移籍してきたので、二人で一軍のマウンドに立てるように、頑張ってください。

にしてもフェニックスリーグの登板で杉内がノーヒットに抑えた後ジャイアンツ投手陣がノーノ―リレーだったというのを見て笑った。
来年が少しでもいい年になりますように。

[PR]
# by uni2_2 | 2016-12-25 14:46 | 杉内

2015年まとめ

17試合6勝6敗95.2回88安打35四球93奪三振2暴投42失点防御率3.95

7月21日の登板を最後に23日に登録抹消、10月1日に股関節の手術。
12月10日の契約更改では年俸5億から4億5千万ダウンの5千万+出来高で契約。
この記事にあったけど、
>手術前は本当に痛くて5分も歩けなかった。練習メニューを落として何とか6回まではと思いながら投げていたけど、回を追うごとに足が上がらなくなっていく。
そんな体でマウンドに上がってたの?と考えると信じられない。
手術して今は少しずつ歩けるようになって、でもプロの投手としてマウンドに戻るためには簡単な道じゃない。本当に戻ってこれるのかどうかも含めて。
戻れたとしても、もう良い頃のようなボールは投げられないかもしれないけど。
それでもまたその姿をマウンドの上で見たいと待ってます。

正直に言って、8月に一度キャッチボールをしたという話があって、でもそのあと進展したっていう報道がない時点で状況が良くないだろうことは想像できて。
その時少しだけ、今杉内が引退っていう選択をしたなら自分は後悔しなくて済むだろうなと思ってしまった。
そうはならないだろうと思いながら、でもそんなこと考えちゃった自分が嫌だったな。
久保も股関節の手術受けたけど復帰には苦しんでる。本来の投球にはなかなか戻れないし、年齢的な問題もある。
それでも戻れる可能性があるのにやらない人ではないよね。

そして年俸のことに関しては。
税金がーとか言ってる人もいたけど元々5億の年俸維持できるなんて思っていたとも思えないのでそれなりに対策くらいしてるでしょう。
ていうか対策もしてないならさすがに代理人止めるだろうと思うんだけど。
杉内側からの要望で、という話だし。
4年前のことを引き合いにだして色々言ってた人もいたけど、私にとって杉内は別に4年前も今も、変わってないと思う。
単純に、野球バカだなあと。
一応褒め言葉のつもりで使ってますが。
男気とかナントか変な言葉を使われるよりは私にとってはよほどしっくりくる。

2016年、杉内がどういう一年を過ごすのか分からないけど。
少しでもいい日々を過ごせますように。
[PR]
# by uni2_2 | 2015-12-30 22:56 | 杉内
オールスター明けの登板甲子園。
調子は悪くなかった。
ランナー出しつつも連打は許さず抑えていたけど。
6回先頭鳥谷にヒット打たれてバント四球があって2死1,2塁からマートンのレフトフェンス直撃のタイムリーで2失点。
決して悪いボールではなかった、かな。
ここでマウンド降りて打線の援護もなく6敗目。

5.2回73球6安打1四球4奪三振2失点

球数的にも投げているボール的にも打者との相性を考えてもここで変える意味って何?だった。
この2日後の23日に登録抹消。この日が今季最後の登板。
[PR]
# by uni2_2 | 2015-07-21 22:13 | 杉内
立ち上がりから制球には苦労してた。
ていうかこの前のヤクルト戦も制球はイマイチだったよね。
それでも初回はバルディリスの打球を村田が好捕したりして三者凡退。
2回先頭筒香にヒット打たれて宮崎相手にストライク1球も入らず歩かせて嶺井の打球ショートに強く飛んで内野安打で2死満塁。
投手の石田相手に制球怪しいながらもなんとか打ち取りましたが。
4回に1死からロペス宮崎に連打され2死1,2塁から嶺井のライト線への打球で1塁走者も生還。
長野がクッションボールの処理誤ったらしいけど横浜スタジアムのカメラ1塁側からしかなくてこの打球全く映ってないから実際何があったかは知らん。
ここでしのげればよかったけど代打の柳田に同点タイムリー。
この日はとにかく球が高かったからそれが真ん中に行けばそら長打になる。
5回にはバルディリス歩かせて筒香に逆転2ラン打たれて降板。
バルディリス前回対戦は3安打されたもののこの日は前2打席抑えていたのになんでそこまで制球乱しますかね。
もともと苦手意識のある打者に対して逃げ腰になる傾向あるけどバルディリスには逃げずにいただけましだと思っていたんだけど。
そして筒香に打たれた球は打ってくださいレベルのボールですよね。
なにが悪かったとかじゃなく全てが悪かった。

4.1回70球8安打2四球2三振

今季5敗目。
[PR]
# by uni2_2 | 2015-07-14 23:47 | 杉内
立ち上がりから少し飛ばし気味かなあという感じだった。
まあ先週いきなり2ラン打たれてるからてのはあるだろうけど。
変化球は切れてるなあと。
2回3回三者凡退のあと先制点もらった直後の4回。
先頭川端に外の球うまく運ばれて初ヒットを許して山田凡退後の畠山の打席で川端盗塁と相川の送球が逸れた間に3塁まで行かれてピンチになるも畠山デニング連続三振。
ここの投球はしっかり投げ込めてて良かったな。
5回には浩康大引に連打されるも中村ショートゴロ併殺もあって無失点。
連打されたの両方スライダーが真ん中に入っていった球だったなあ。
6回川端にライトスタンドへホームラン。
低めに要求されてるのがインハイにいくっていう。
まあ振り抜けば飛ぶコースだけどスタンドまで飛ばされて当然というコースではないよな。
そして今季最長になる8回のマウンドに上がったわけですが。
比屋根歩かせたあと川端に今日3本目のヒットを打たれて1,3塁で降板。

7.1回115球6安打2四球5三振2失点

出した四球2つともその打席にレフトポール際へのファール打たれてるのは偶然ですか。
川端には1-2から比屋根には0-2から制球乱して歩かせていますが。
川端のはまだ立ち上がりアウト2つとって調子悪くない感じのところにあの打球で動揺したのかなとも思うけど。
比屋根のはなあ。
最後の球は際どい球だったけどその前のボール3球がちょっとひどい。
川端には前回も同点2ラン打たれてるし相性悪いですね。
ちなみに4回には1死満塁で打席に入って見事初球をタイムリー打ってました。
打点もあげて一ヶ月半ぶりの6勝目、おめでとう。
[PR]
# by uni2_2 | 2015-07-08 23:56 | 杉内(観戦)

ジャイアンツ2-10カープ

なんかまた全体的な制球がふわっとしてたかなあ、と。
先頭の丸にヒット打たれると続く菊池に初球先制の2ラン。
中途半端な高さの真ん中に入る曲がらない変化球とか打ってくださいと言ってるようなもんですよね。
そもそも朝の新聞でこの2人に注意しないと的なコメント出してた時点で意識しすぎてるのあまりよくない傾向だよね。とか思ってたけどさ。
4球で2失点は酷い。
2回から5回までは無失点で抑えたけど三者凡退はなくて毎回ランナー出すも抑えるっていう苦しい展開。
先週みたいに試合の途中で立て直せれば良かったんだけど、ずっと制球不安定なままでした。
そして6回、先頭が二者連続の内野安打が続いて都合5連打されたところで降板。

5.0回12安打1死球4三振7失点

そして二番手で出てきた香月が残ってたランナー全部返して都合7失点という計算。
6回ピンチを作ってから打たれた3人のうち2人が初球でもう一人は1ボールからのストライク。
以前広島で連打された時も同じように早いカウントから連打されて立て直せなかった。
前橋でも打たれたの早いカウントからだったよね。
その時とマスク被ってる捕手が違うけど、そういう反省とかはありませんか。
そして6回のヒット、3本は絶対に取れる打球じゃないけど絶対に取れない打球でもないよね。
そのうち一個はピッチャー返しで杉内が取れてれば、な打球だったんだけど。
松坂が西武時代に、うちの野手は球際に弱いとかいう野手批判をしたのを思い出しましたよ。
広島戦で打たれ始めると本当に止まらないですね…。
[PR]
# by uni2_2 | 2015-07-01 23:28 | 杉内(観戦)
立ち上がり制球不安定だったのは前回登板から10日空いた影響じゃないのかな。
全然ボールが手についてない感じで先頭石川ストレートで歩かせる。
飛雄馬はサードゴロでしたが石川スタート切っていたため1死2塁。
梶谷も歩かせて迎えた筒香セカンドゴロ。
ここもゲッツー取れず1塁セーフの間に石川本塁生還で先制を許しました。
1塁で捕球した阿部がランナーを意識していれば防げた点に見えるんですけどね。
完全に別のことに意識取られてるのがね…。
2回は先頭のバルディリスに初球ストライク取って次の球も何考えたのかど真ん中のストレートでヒット打たれて。
黒羽根にもヒット打たれてピンチでしたが投手の砂田3バント失敗石川空振り三振。
この石川の打席あたりからまともな球が行き始めた感じ。
5回は2死から飛雄馬の打球村田に直撃して内野安打で梶谷にカウント3-1になったりしてここで歩かせるとピンチで筒香は嫌だったけど打ち取れたし。
6回裏にランナーいる状態で打順回ったら変わるのかと思っていたけど2死1塁で打席にはそのまま。
走者得点圏とかなら違ったんだろうけど。
でもこういう状況によっては変わることもあるよ。な時に結果続投してあまりいい結果になったことってあったのかなという印象だったのでちょっと心配だった7回表。
1死から柳田歩かせて送りバントで2死2塁。
飛雄馬打ち取ってなんとか投げ切りました。

7回117球5安打5三振3四球1失点

初回の四球2つはもったいなかった。
でも調子出てからは終盤までいってもそれほど状態落ちていなかったし7回続投できたのも良かった。
[PR]
# by uni2_2 | 2015-06-24 23:56 | 杉内
今季一二の出来とか言われるほど良かったですかね?
ふわっとした制球ではなかったけどやっぱりずばっとって感じでは無かった。
空振りが少なかったのも良かったと言われるのに違和感ある原因かな。
ストレートで空振り取れたの2回くらいでそれはやっぱり少なくないかな。
3回まで走者なし。
4回1死から鈴木にヒット打たれるも角中併殺。
6回田村にプロ初ホームランを打たれて続く中村に初球ヒットを打たれて2死から盗塁鈴木にタイムリー打たれて2失点。
マスクかぶってた加藤のコメントでホームランは防げたというのがあったけど、ホームランはむしろ杉内の投げた球が失投までは言わないけど少し高く真ん中に入ったのでこれは仕方ない。
むしろ鈴木のタイムリーのほうが防げたんじゃないのかなあ。
鈴木に打たれた後の角中に投げたようなインコースを鈴木には投げてないから外の球あそこまで踏み込まれたんじゃないのか。
全体的に外目の配給多めだったしマリーンズ打線もそれを狙っているような印象だった。
結果論でしかないし言うは易く、なんだろうけどね。

6回81球4安打4三振2失点

6回81球で降板。
どうなのかなあ。
球数で言えばまだまだ投げられる。
でも明らかなボール球が増えてきていたんですよね。
加えてクリーンアップからの打順。
ポジティブな予想はあまりできないっていうのが正直なところかな。

[PR]
# by uni2_2 | 2015-06-13 22:12 | 杉内

ジャイアンツ2-3ホークス

制球がふわっとしたままだったなあ。
ちょっと打たれるとすぐ劣化したと騒ぐ人いるけど、むしろこういう状態をなかなか改善できないほうが疲労からくる年齢的な衰えの部分なのかと思う。
初回はヒットと死球あったけど併殺。
2回もヒットは打たれたけど抑えて3回三者凡退で少しは良くなった?と思った4回。
四球3つで1死満塁にしてから川島と高谷に連続タイムリー打たれて3失点。
四球連発と川島のタイムリーまでは置いといて。
高谷への初球は酷い。
川島に打たれたのが高めに抜けて打ち頃な高さにいったストレート。
じゃあ次の高谷への初球で一番気をつけるのって高さじゃないのか。
それでなんで高谷への初球が川島に投げたのとほぼ同じ高さなの。
川島の球も十分失投なのにそれを2球続けるのはこの数試合制球安定してなかったとか関係ないよね。
今年は特にピンチの場面での失投少なくなっていたのが良かったと思っていただけにこの2球は残念。

5回93球4安打3四球1死球5三振3失点

3回裏にランナー本塁アウトとか杉内のバント失敗とかで嫌な流れになったところで四球3つも出してればそらこうなる。という展開。
3回の投球は意識的に早く投げようとしたりして良くなってるように見えたんですけどね。
[PR]
# by uni2_2 | 2015-06-06 23:41 | 杉内